2013年9月29日日曜日

Alfredで選択したテキストをNode.jsで処理してクリップボードに入れる

というのをAlfredでやろうとしたら、Node.jsはMacにデフォルトで入ってないので、シェルから叩くような感じでやればできなくはない。

以下のような、

選択してるテキスト -> シェルスクリプト -> クリップボードへコピー & Growl通知

というWorkflowを作り、

 Alfred Preferences 2013 09 29 22 13 12

シェルスクリプトは以下のような感じにすればシンプルに実現できる。

/Users/azu/.nodebrew/current/bin/node <<END
var res = "{query}".toLowerCase().replace(/-(.)/g, function(a, b) {
 return b.toUpperCase() 
});
console.log(res);
END

Node.jsで {query} (この場合は選択してるテキストが入る) を処理した結果をconsole.logで標準出力に流してあげれば、次のflowに流れる。
Node.jsのパスは各自違うだろうけど…  (ちゃんとやるならもう少し違う方法が必要そう)

試しに作ったものは File “JavaScript with Selected Text.alfredworkflow” においておきます。

2013年7月14日日曜日

Dropboxの代わりにCopy.comに移行してみた設定

Dropbox のインデックスが終わらなかったり動作が何か不安定な感じが多くなってきたので、
試しにCopyに移行してみた。

ただ、Dropboxに戻る可能性もありえるので、Dropboxのフォルダはそのまま使いたかった(Dropboxフォルダの中身はそのままで後から戻れるように + 2重に管理したくない)

そのため、最初に今使ってるDropboxフォルダのシンボリックリンクを作っておいて、Copyという名前にしておいておく。

こういう感じ

User
├── Copy -> ~/Dropbox
└── Dropbox
 

Copy のインストールをするとき、Copyフォルダをどこにするか聞かれるので、その時に先ほど作って置いたCopyフォルダがあるディレクトリ(Copyフォルダのディレクトリではなくて)を指定してあげればいい。

インストール後でも設定からMove My Copy Folderで選び直せるので、インストール後にシンボリックリンク作ってやっても別に問題ない

Account

Freeだと15GBで、何か登録した時点で20GBになってて奇妙だなーとか思ってたけど、
Dropboxとかと同じように https://copy.com?r=cyitTh  こういう招待リンクで、招待された側も+5GBというのに引っかかってらしい。

Copy もさすがに初回のアップロード中とかは重いので、どのへんで差を出してくるんだろ。

  • gitignoreみたいに無視するフォルダとかを指定したい。
  • Allow Copy to send Usage statisticsがデフォルトでチェック入ってるのが気に入らなかった

Dropboxさんはシンプルに素朴に進化して欲しいですね。

2013年4月21日日曜日

JetBrains系IDEからGithub等のリポジトリをgit-browse-remoteで開く

 

JetBrains系IDEにはOpen in Browseというリポジトリをブラウザで開く機能はありますが、
自分のリポジトリしか開けないみたいで中途半端な感じです。

また、Open in GitHubというプラグインでは上記の問題を解消した感じのものもあります。

Open in GitHubはGithubだけでBitbucket等は対応してなさそうなので、git-browse-remoteというCLIツールを使って
殆ど同じ事ができるそうなので、それをJetBrains系IDE から呼び出すような設定をしました。

git-browse-remoteは自分で設定を書けば大体のホスティングサービスに対応できるので便利です。

設定は単純でExternal Toolsに、git-browse-remoteを叩くような設定をしているだけです。

Program: git-browse-remoteのパス
Parameters: 引数
Working Directory: $ProjectFileDir$

Edit Tool 2013 04 21 16 30 04

シェルスクリプトとかで分けるの面倒だったので、単純に3つのコマンドを登録してます(引数が違うだけ)

単純にリポジトリを開く
Parameters: 引数なし
選択してるファイルをリポジトリ上で開く
Parameters: "$FilePathRelativeToProjectRoot$"
開いてるファイルのカーソルがある行数をリポジトリ上で開く
Parameters: -L $LineNumber$ "$FilePathRelativeToProjectRoot$"

動作してる動画

git-browse-remoteは複数行の選択に対応してない?感じだったので、特に対応してないですが、
External Toolsの引数には選択開始位置と終了位置があるので、git-browse-remote側でどうにか出来れば対応出来そう。

ps.

JetBrains :: Earth Day Sale でJetBrains系IDEが半額セール中です。

NewImage

2013年4月14日日曜日

MacとIntelliJでGo言語環境を作る

まずはGoLangをインストールします。

Macではpkgのインストーラーが用意されていますが、homebrewにもあるみたいなのでそちらからインストールしました。
brew install go

gvmというバージョン管理もあったみたいですが、何でインストールするのがいいのかよくわからなかった。

次に、IntelliJ IDEA Community Editionをインストールしておきます。
IntelliJのプラグインにgolang.org support pluginがあり、それが目的なので無料のIntelliJ IDEA Community Editionでいいと思います。

IntelliJを起動してCreate New ProjectからGo Moduleを見ると、
Project SDKを設定する項目あります。 

New Project 2013 04 14 13 56 28

homebrewでインストールした場合は、

/usr/local/Cellar/go/[Version]

のディレクトリをD&Dでなげて選択すれば設定できると思います。 (インストーラーなら /usr/local/go あたり)

そして適当なプロジェクトを作成して開くと、main.goのコンテキストメニューからRunなどを選べば実行出来ます。

Main go   Tutorial  Tutorial   ~DropboxworkspaceGoLangTutorial 2013 04 14 14 00 12

golang.org support pluginは個人が出してるプラグインなので、まだない機能とかもあります。(breakpointとか)

 

2013年3月24日日曜日

WebStormのBuilt-in ServerでのJavaScriptデバッグが便利

Built-in Server in WebStorm 6 | WebStorm & PhpStorm Blog

で紹介されてる機能ですが、WebStorm 6から別途ローカルサーバを用意しなくても、
WebStorm内のローカルサーバを使ってJavaScriptデバッグ(Chromeとかをたちあげてデバッガー連携)することができます。

設定方法は単純で、ConfigurationのJavaScript Debugにて

URL to Open : http://localhost:63342/[project name]

 RunDebug Configurations 2013 03 24 21 35 24

という感じに、toyというプロジェクト名だったら、http://localhost:63342/toy と設定するだけです。
(index.htmlがもう少し下にある場合は、プロジェクトのルートからのindex.htmlへのパスを[project name]の部分に書けば大丈夫です)

これで、後はDebug実行するだけで指定したブラウザでデバッガーが使えます。

一応動画にしましたが、公式の方がわかりやすい気がします。 http://localhost:63342/ の portが固定っぽいのがよく分からない所ですが、 適当なHTMLをデバッグするときにわざわざローカルサーバを立ち上げるとか意識しなくてもいいのがいいところ。 (file:///だとXHRがちゃんと動かない環境もあるので、localhost上で動くことが大事)

2013年3月10日日曜日

クリップボードのコードをシンタックスハイライトしたHTMLにする

コードを貼り付ける時に、JavaScriptで動的にシンタックスハイライトするのではなくて、
先にシンタックスハイライトをつけたHTMLを生成して貼り付けるため、コードからシンタックスハイライト済みのHTMLにする方法。

Windows Live Writer Plug-ins とかにはそういうプラグインがあって楽でしたが、Macのブログエディタでそういう機能持ってるものは無さそうなので、
 Pygmentsを使ってシンタックスハイライトしたHTMLを生成します。

クリップボードの内容をPygmentsのCLIであるpygmentizeを使って、クリップボードにシンタックスハイライト済みのHTMLをコピーするコマンドです。
(Macなのでpbpasteとpbcopyを使ってます) 

pbpaste | pygmentize -l {query} -f html | pbcopy 

{query}の部分にはそのコードの言語を書きますが、自分の場合はalfredの経由で実行させてるので、
以下の様な感じで{query}を指定して実行させています。 

Alfred Preferences 2013 03 10 00 09 45

これでクリップボードにHTMLがコピーされるので、以下のようなCSSを使ってシンタックスハイライトします。

.highlight .hll { background-color: #ffffcc }
.highlight .c { color: #999988; font-style: italic } /* Comment */
.highlight .err { color: #a61717; background-color: #e3d2d2 } /* Error */
.highlight .k { color: #000000; font-weight: bold } /* Keyword */
.highlight .o { color: #000000; font-weight: bold } /* Operator */
.highlight .cm { color: #999988; font-style: italic } /* Comment.Multiline */
.highlight .cp { color: #999999; font-weight: bold; font-style: italic } /* Comment.Preproc */
.highlight .c1 { color: #999988; font-style: italic } /* Comment.Single */
.highlight .cs { color: #999999; font-weight: bold; font-style: italic } /* Comment.Special */
.highlight .gd { color: #000000; background-color: #ffdddd } /* Generic.Deleted */
.highlight .ge { color: #000000; font-style: italic } /* Generic.Emph */
.highlight .gr { color: #aa0000 } /* Generic.Error */
.highlight .gh { color: #999999 } /* Generic.Heading */
.highlight .gi { color: #000000; background-color: #ddffdd } /* Generic.Inserted */
.highlight .go { color: #888888 } /* Generic.Output */
.highlight .gp { color: #555555 } /* Generic.Prompt */
.highlight .gs { font-weight: bold } /* Generic.Strong */
.highlight .gu { color: #aaaaaa } /* Generic.Subheading */
.highlight .gt { color: #aa0000 } /* Generic.Traceback */
.highlight .kc { color: #000000; font-weight: bold } /* Keyword.Constant */
.highlight .kd { color: #000000; font-weight: bold } /* Keyword.Declaration */
.highlight .kn { color: #000000; font-weight: bold } /* Keyword.Namespace */
.highlight .kp { color: #000000; font-weight: bold } /* Keyword.Pseudo */
.highlight .kr { color: #000000; font-weight: bold } /* Keyword.Reserved */
.highlight .kt { color: #445588; font-weight: bold } /* Keyword.Type */
.highlight .m { color: #009999 } /* Literal.Number */
.highlight .s { color: #d01040 } /* Literal.String */
.highlight .na { color: #008080 } /* Name.Attribute */
.highlight .nb { color: #0086B3 } /* Name.Builtin */
.highlight .nc { color: #445588; font-weight: bold } /* Name.Class */
.highlight .no { color: #008080 } /* Name.Constant */
.highlight .nd { color: #3c5d5d; font-weight: bold } /* Name.Decorator */
.highlight .ni { color: #800080 } /* Name.Entity */
.highlight .ne { color: #990000; font-weight: bold } /* Name.Exception */
.highlight .nf { color: #990000; font-weight: bold } /* Name.Function */
.highlight .nl { color: #990000; font-weight: bold } /* Name.Label */
.highlight .nn { color: #555555 } /* Name.Namespace */
.highlight .nt { color: #000080 } /* Name.Tag */
.highlight .nv { color: #008080 } /* Name.Variable */
.highlight .ow { color: #000000; font-weight: bold } /* Operator.Word */
.highlight .w { color: #bbbbbb } /* Text.Whitespace */
.highlight .mf { color: #009999 } /* Literal.Number.Float */
.highlight .mh { color: #009999 } /* Literal.Number.Hex */
.highlight .mi { color: #009999 } /* Literal.Number.Integer */
.highlight .mo { color: #009999 } /* Literal.Number.Oct */
.highlight .sb { color: #d01040 } /* Literal.String.Backtick */
.highlight .sc { color: #d01040 } /* Literal.String.Char */
.highlight .sd { color: #d01040 } /* Literal.String.Doc */
.highlight .s2 { color: #d01040 } /* Literal.String.Double */
.highlight .se { color: #d01040 } /* Literal.String.Escape */
.highlight .sh { color: #d01040 } /* Literal.String.Heredoc */
.highlight .si { color: #d01040 } /* Literal.String.Interpol */
.highlight .sx { color: #d01040 } /* Literal.String.Other */
.highlight .sr { color: #009926 } /* Literal.String.Regex */
.highlight .s1 { color: #d01040 } /* Literal.String.Single */
.highlight .ss { color: #990073 } /* Literal.String.Symbol */
.highlight .bp { color: #999999 } /* Name.Builtin.Pseudo */
.highlight .vc { color: #008080 } /* Name.Variable.Class */
.highlight .vg { color: #008080 } /* Name.Variable.Global */
.highlight .vi { color: #008080 } /* Name.Variable.Instance */
.highlight .il { color: #009999 } /* Literal.Number.Integer.Long */


.highlight pre {
    background-color: rgba(0, 0, 0, 0.02);
    border-bottom: 1px solid #ccc;
    border-top: 1px solid #ccc;
    clear: both;
    color: inherit;
    font: 100%/1.25 "Monaco", "Andale Mono", monospace;
    margin: 10px 0px;
    padding: 15px 20px;
    position: relative;
    white-space: pre-wrap;
    word-wrap: break-word;
}
.highlight pre:before, .highlight pre:after {
    background-color: rgba(0, 0, 0, 0.02);
    border-bottom: 1px solid #ccc;
    border-top: 1px solid #ccc;
    content: "";
    display: block;
    height: 100%;
    position: absolute;
    width: 16px;
}
.highlight pre:before, .highlight pre:after {
    width: 15px;
}
.highlight pre:before {
    right: 100%;
    top: -1px;
    border-radius:5px 0 0 5px;
}
.highlight pre:after {
    left: 100%;
    top: -1px;
    border-radius:0 5px 5px 0;
}

このサイトのCSSはこういう感じです。

CSSはrichleland/pygments-css · GitHubのGithubテーマが元です。

追記:

Alfred v2が公開されて、Workflowという機能が追加されました。

なので、上記のスクリプトは以下の様な感じに書き直せます。

Alfred Preferences 2013 03 17 23 30 38

一応置いておきますが、Run Scriptのところで、pyenvのロードを入れてるので、
各自自分の環境に合わせてなおすといい気がします。(システムのPython使ってるなら削除) 

2012年9月2日日曜日

Spotlight(Alfred)でMarkdownファイルの中身から検索する方法

Spotlightではテキストファイルの中身も検索対象にして検索できますが、

Markdownファイルはデフォルトでは対応してない(Lionでしか確認してない)ので追加する必要があります。
(Alfredでは“in”コマンドを使ってファイルの中身を検索できます)

Fixing Spotlight indexing of Markdown content - Brett Terpstra からMarkdown.mdimporterをダウンロードします。
この時、Markdown.mdimporter.zipがダウンロードされるのですが、そのまま解凍すると解凍ソフトによっていは
Markdown.mdimporterというフォルダができて、中にMarkdown.mdimporterというファイルがあるという感じではまるので、
Markdown.mdimporter.zipを別の名前に変更してから解凍すると良い気がします。

解凍して中に入ってる Markdown.mdimporterファイルを~/Library/Spotlight/に移動します。
そして、

mdimport -r ~/Library/Spotlight/Markdown.mdimporter

とコマンドを叩くと、mdimport pluginに追加されます。(正確にはリロードっぽい)

ちゃんとpluginに追加されたかは以下のコマンドを叩くことで分かります。

mdimport -L

また、検索したMarkdownファイルがどのように見えているかは以下のコマンドを使って確認できます。

mdimport -d2 検索対象ファイルパス

この時、対象のMardkwonファイルにkMDItemTextContentという属性がちゃんと表示見えていれば、ファイルの中身で検索できるようになります。

1 azu MacbookPro ~ server octopress  zsh 1

pluginが使われているかもログに表示されているので確認するといいです。

(Info) Import: Importing type 'net.daringfireball.markdown' using 'file://localhost/Users/USER/Library/Spotlight/Markdown.mdimporter/'

これで、MarkdownファイルがSpotlightやそれを利用した検索ソフト(Alfred)から等も検索できるようになります。