2011年5月25日水曜日

WebStormで関数、変数の宣言箇所&参照箇所を探す

関数宣言にジャンプするのはdeclaration(Ctrl+B or Ctrl+クリック)で行える。
keymap > Go to > declaration でショートカットを設定変更できる。

image

逆に、変数や関数が使われている場所を検索するのにはFind Usage(Alt+F7)で行える。
ちょっとデフォルトのショートカットがちぐはぐな感じがするけど、コードを読むときにものすごく便利。

image

検索の範囲(プロジェクト内や今開いてるファイルのみなど)の設定や検索結果をタブにして開く(エディタのタブではなくて、下のように検索結果内でタブ表示)などもできる。

image

JavaScriptなどはStructureと同じように構造毎にまとめて表示したりするので、単なる文字列検索で終わってないところもいい感じ。

ついでに移動した後に

  • (Ctrl)+Alt+← で戻る(移動のundo)
  • (Ctrl)+Alt+→ で進む(移動のredo)

などもできるので、これを知っておくと検索した後も元の位置に戻りやすい。
最後に編集した位置に戻るにはlast edit location(Ctrl+Shift+Backspace)を使う。

0 コメント:

コメントを投稿